You are here: Home » 未分類 » 破壊

破壊

汗疱(汗疱状湿疹)は手の平や足裏、指と指の間などに細かい水疱が出る症状で、通常はあせもと呼び、足裏に出現すると水虫と思い込まれることも多くあります。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われた後に販売され、新薬と同一の成分で負担分が小さくて済む(価格が少額の)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病というのは、膵臓に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまったことにより、結果的に膵臓から必要量のインスリンが出なくなり発病する種類の糖尿病です。
アルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、辛い宿酔に効果的です。不快な宿酔の大元だといわれているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質の分解に関係しているのです。
複雑骨折したことにより大量出血した場合に、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、気絶などの様々な脳貧血の症状があらわれるケースもあります。
食事中は、食べ物を気軽に口に運んで幾度か咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、それから体はまことによく働いて異物を体に取り入れるよう努力しているのだ。
ただの捻挫だろうと決め込んでしまい、冷湿布を貼って包帯やテーピングでとりあえず固定し、様子をうかがうよりも、応急処置を済ませたらすかさず整形外科で診てもらうことが、早く完治させる近道になるのです。
ピリドキサミンは、多種多様なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギーの代謝のために欠かせない重要な回路に組み込ませるため、より分解することを支える作用もあるのです。
アミノ酸のグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を衰退させたり突然変異をもたらす悪影響を及ぼす有害物質を体の中で解毒し、肝臓の機能性を促進するような力が判明しているのです。
乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、替わる新しい手段として、平成24年9月よりとなることによって、集団接種ではなく病院などの医療機関で注射する個別接種の扱い
呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今までの膨大な研究結果によって、予防効果を予想できるのは、注射した2週間後からおよそ5カ月間程と言われています。
「いつも時間がない」「気を遣う様々な付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる先端技術や情報の高度な進歩に追いつくのが大変だ」など、ストレスが蓄積される元凶は一人一人違います。
虚血性心疾患の心筋梗塞は冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が細くなり、血流が止まり、酸素や色々な栄養が心筋まで送られず、筋繊維自体が壊死するという大変重い病気です。
スギの木の花粉が飛散する頃に、小さな子どもが発熱は確認できないのに頻繁にくしゃみしたりずっと鼻水が止まってくれない症状だったなら、『スギ(杉)花粉症』の可能性があるかもしれません。
UV-B波は、UV-A波に比べて波長が短いという性質があるためオゾン層を通過する際に一部分が吸収されますが、地表に届いたUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮ふに悪い影響をもたらすことになります。