You are here: Home » 未分類 » 大量

大量

チェルノブイリ原発の事故に関する被害者の後追い調査のデータから、成人に比べると若い子供のほうが漏れてしまった放射能の深刻なダメージをより受容しやすいことが読み取れます。
クモ膜下出血(SAH)は9割弱が「脳動脈瘤」という脳内の血管にできる不必要なコブが破れることで罹患してしまう病として認識されるようになりました。
花粉症というものは、山林のスギや檜などの大量に放出される花粉がアレルゲンとなって、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を招く病気だということができます。
耳の中の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、この中耳の辺りに様々なバイ菌やウィルスなどが感染し、発赤等の炎症が起きたり、液体が滞留する病気を中耳炎と称しているのです。
高血圧の状態になってしまうと、血管に重い負荷がかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先までいろんな血管に障害がもたらされて、合併症を起こす見込が高まります。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、日常生活のストレス、老化というような様々な因子が揃うと、インスリンの分泌量が少なくなったり、働きが悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病を発症するのです。
アルコールを分解するという作用があるナイアシンは、辛い二日酔いに効きます。ゆううつな宿酔の因子とされているエタナール(アセトアルデヒド)という物質の無毒化にも関係しています。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、3〜4日きちんと処方薬を飲めば、普通、90%近くの患者さんの自覚症状は消え去りますが、イコール食道粘膜の炎症そのものが完全に引いたとは断定できないのです。
HIV、すなわちエイズウイルスを持っている精液や血液の他、女性の母乳や腟分泌液などの体液が、看病する人等の粘膜や傷口に接触すると、感染する可能性があります。
脳内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経のバランスの調節や痛みの防御、あらゆる覚醒現象などを支配しており、単極性気分障害の患者さんは働きが鈍いことが明らかになっている。
亜鉛は、遺伝情報(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に作用する特別な酵素や、細胞や組織の入れ替わりに関わる酵素など、約200種類以上もの酵素を構築する物質として絶対に欠かせないミネラル分だといわれています。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値で診ることができますが、特にここ2、3年肝臓の機能が落ちている日本人の数が明らかに増加傾向にあるそうです。
胸焼けが特徴の逆流性胃腸炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草・お酒を飲むこと・脂肪過多などのライフスタイルの質の低下、ストレスなどによって、今日本人に患者が多い病気だといえます。
「とにかく時間がない」「気を遣う色々な人間関係が多すぎる」「あらゆる技術や情報の進化に追いつけない」など、ストレスを感じてしまうシーンはみんな違います。
下腹部の疝痛を特徴とする代表的な病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、難病指定されている潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症が起こる急性腹膜炎、子宮の病気などが真っ先に挙げられます。